ふなちぃのブログ

写真多めでわかりやすい福島県メインの観光情報&写真レポ。大人バンギャによるエンタメやライブ参戦に役に立つ情報など。

福島県郡山市 東北最大の前方後円墳 大安場史跡公園のガイダンス施設がアツい...!

はじめに

こんばんは、ふなちぃです。
今回は福島県郡山市にある史跡公園の展示施設について書いていきます。
5年前に行った時の感想なので少し変わっている所もあるかもしれませんが、石器、土器や土偶などに興味がある方にはかなりテンションがあがる、おすすめの場所です...!

大安場史跡公園とは

福島県郡山市の国指定史跡、大安場古墳。
平成3年に発見された前方後円墳1基と円墳4基で成り立っている古墳群です。
中でも前方後円墳は東北最大の大きさ(全長83メートル)で、約1600年前に作られたものとのこと。
前方後円墳はヤマト政権と深いつながりがあったものしか造ることが出来ない古墳ですし、その大きさからみても、古墳に葬られた豪族はとてつもない権力を持っていたようです。


公園は、古墳、ガイダンス施設、体験広場、発見の丘、冒険広場、子どもの遊び場、からなります。
かなり広い施設なので、お昼持参で一日がかりで遊んでも良いかもしれません。

ガイダンス施設へ

ガイダンス施設は結構ボリュームあるのに入場無料。ありがたいです。
当時写真は撮ったのですが、私用のみ利用可との事なのでブログには載せれないのが残念..!

館内は石器縄文土器弥生土器などが展示されていて、旧石器時代からの郡山の歴史の流れをみることができます。

郡山に古い歴史が残っているイメージがなかったので、とても勉強になりましたし純粋に縄文土器が好きなので眼福でした。

f:id:blkataritai:20200615000747j:plain

画像載せれないので来場スタンプの土器


順路の途中に前方後円墳に葬られている豪族の方(葬られた状態)が再現されているのですが、音声付きで面白かったです。
その近くに副葬品の腕輪型石製品が展示されていました。

f:id:blkataritai:20200615000736j:plain

腕輪型石製品の入場スタンプ


この常設展の他に企画展も行っていて、自分が行った時は「ハート型土偶」の企画展をやっていました。
これでもかという位にたくさんのハート型土偶が見れて、一体一体の表情の違いや形の違いに見とれました...!
土偶はどういう時代に出てきてどういう意味合いで、などの詳しい考察もあり興味深かったです。

その時々で様々な企画をやっているようなので、是非公式ホームページをチェックしてみて下さい。

www.bunka-manabi.sakura.ne.jp

 

アクセス

広い駐車場があるので車で行くのがおすすめ。(郡山駅から車で20分)
バスでも訪れる事ができます。

毎週月曜定休  9:00~17:00まで営業

 

 

おわりに

今回は以前行った福島県郡山市にある「大安場史跡公園」のガイダンス施設について振り返りました。
書いているうちに、当時行けなかった古墳の散策もしてみたくなってきました。
野焼き体験も気になるし、また行きたい...!

当時勾玉作りの体験ができたのも良い思い出になっています。
やすりで擦るだけですぐにオリジナルアクセサリーが出来るので楽しかったです✨
体験時間40分ほど~ 200円


今回は写真が無く、見ずらくなかったでしょうか..?
次回はまた写真いっぱいで書こうと思ってますのでよろしくお願いします。
それでは、お付き合いいただきありがとうございました...!

f:id:blkataritai:20200615000742j:plain

来場スタンプ・マスコットキャラ



 

funachii.net

 

 

funachii.net

 

 

funachii.net

 

 

 

 

 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 

 参加中

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

【写真で遊ぼう】ドラクエのガチャフィギュア かさねてスライムで遊んでみた..!

はじめに


こんばんは。今回は部屋の模様替えついでにお気に入りのドラクエフィギュア「ドラゴンクエストかさねてスライム!」で遊んでみました..!
良い大人の遊びとしてはすっごくくだらないですが、ぷっ、と笑っていただけたら嬉しいです。

かさねてスライムとは


ドラゴンクエストに出てくるモンスターのガチャガチャ(箱売りverもあったりする)で、一つ一つ重ねられるようになっています。
一回300円で、2体一組。とても小さいサイズなのが可愛いです✨
被っても積めるので何個でも欲しくなる、おそろしい子です...!
何回も発売されていて、シリーズごとにモンスターが違います。(基本スライムは居る)

今回はモンスターでかごめかごめ風写真を撮ってみた

かさねてシリーズに新登場のゴーストが鬼です。(歌ちょっと飛ばしてます)

f:id:blkataritai:20200613181328j:plain
かーごめかごめ♪


f:id:blkataritai:20200613181320j:plain
♬かーごのなーかのとーりーは


f:id:blkataritai:20200613181350j:plain
いーつーいーつーでーやーる♬


f:id:blkataritai:20200613181358j:plain
うしろのしょうめんだれですか?


f:id:blkataritai:20200613181358j:plain
う..わからん。てか、おれの帽子無くね?


f:id:blkataritai:20200613181342j:plain
あっ...!



f:id:blkataritai:20200613181336j:plain
これが無いと落ち着かねえんだ。よかったぜ...。

おわりに

手をつなげるホイミスライム、ベホマスライムがかわいすぎてつい遊んでみました笑
個人的にはいたずらもぐらも気に入ってるし、スライムつむりの殻を取ったら予想外の形で笑えました。
ドラクエモンスターのフィギュアはいろいろありますが、いろいろ遊べるのでこれが一番好きです。
また新作がでるのを楽しみにしています!

今回はこの辺で。お付き合いいただきありがとうございました!



過去記事↓
funachii.net



funachii.net


普段はこんな記事を書いています↓
funachii.net



 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 参加中

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

酪王牛乳の「酪王カフェオレフロート」がめちゃうまい!

はじめに

こんにちは。ふなちぃです。
先日自分の住む地方も梅雨入りをしまして、しとしとと雨が降っています。

そんなじめじめしたシーズンから夏にかけて特に食べたくなるアイス。
今回は最近自分のなかでヒットだったアイスの食レポをしていきます✨

酪王カフェオレとは

福島県ではおなじみ。酪王乳業(郡山市)から発売されている人気カフェオレ。
お菓子やパンなどいろいろなアイテムを出しており、スーパーやコンビニ、お土産屋さんにもならんでいる。
シンプルなヨーグルトもモチモチした食感で美味しい。
オンラインショップもあります。

酪王カフェオレフロート 食レポ

f:id:blkataritai:20200613161611j:plain

普通の酪王カフェオレアイスより、サイズがでかい。



f:id:blkataritai:20200613161746j:plain

蓋を開けると二層にわかれています。



周りはシャリシャリしたシャーベットで、真ん中の円がアイス。(両方カフェオレ味)
味は爽やかなシャーベットと濃厚なカフェオレアイスがマッチしていて、暑い日に最高なおいしさでした..!


頭がキーンってなるぞぉ..!



SNSを見ていると、販売店舗は福島県内のみでもなさそうです。是非みつけたら食べてみてください✨



ちなみに普通のアイスはこちら↓

カフェオレの他にいちごも。
カフェオレ、コクがあってめちゃめちゃ美味いす✨



それでは、今回はこの辺で。お読みいただきありがとうございました!



こんな記事も書いてます↓
funachii.net


funachii.net


funachii.net



 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 参加中

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

福島県会津若松の観光スポット 御薬園(おやくえん)で新緑さんぽ

 はじめに

こんばんは。6月も中旬にさしかかり、暑くなってきましたね...!
梅雨の貴重な晴れの日に沢山写真が撮りたいのですが、いかんせん暑い..!

そんな中、今回は会津若松にある美しい日本庭園「御薬園」に行ってきました!
写真いっぱいでおとどけしますので、眩しい新緑と美しい水で涼しいような気持ちになっていただければ幸いです。

f:id:blkataritai:20200609232551j:plain

 

会津御薬園とは

滞在時間1時間~1時間半程(写真撮りながらゆっくり回った場合)
入場料  大人330円

1384年頃、とある老人がこの地にあった薬泉を用いて疫病にかかって苦しんでいる農民を助けました。
それをふまえ、その数十年後に会津藩主 葦名盛氏がこの地を霊地として別荘をたてたようです。

そこから始まった庭園。
1684年頃、三代藩主の松平正容公が朝鮮人参を試植したことから「御薬園」と呼ばれるようになりました。
最後の藩主 松平容保公までの代々の藩主に愛され、形を変えながら今も美しい姿を残しています。

幕末の会津戊辰戦争では御茶屋御殿が新政府軍の療養所として使用され、御薬園内には当時の刀傷が生々しく残っています。


まずは園内に入ってすぐの「薬用植物標本園」から

f:id:blkataritai:20200609233015j:plain

新緑の藤棚が美しい

f:id:blkataritai:20200610001631j:plain

薬草園 看板

植物園にはさまざまな薬草、植物が季節ごとに咲き誇ります。
「御薬園」の名前の由来になった朝鮮人参も植えられています。
6月は花が少なかったけど、「プリンセス・チチブ」(四季咲きの美しいバラ)が見事でした..!

f:id:blkataritai:20200610001617j:plain

プリンセスチチブ 秩父宮記念公園より寄贈された薔薇とのこと 花の周りに小さな花が咲いていて不思議

f:id:blkataritai:20200609233020j:plain

重陽閣とプリンセス・チチブ


秩父宮妃勢津子殿下ゆかりの建物「重陽閣」

f:id:blkataritai:20200609233011j:plain

重陽閣

「重陽閣」は秩父宮妃勢津子殿下(最後の藩主松平容保の孫)がご成婚の報告をされる際に東山温泉に建てられた建物。昭和48年に御薬園に移築されました。

(上記 プリンセス・チチブも勢津子殿下ゆかりの花です)

※通常建物内も見学できるが、現在はウイルス対策のため見学不可。


いよいよ庭園へ

f:id:blkataritai:20200610001610j:plain

庭園は借景池泉回遊式目黒浄定の作。
街中にあるとは思えない自然豊かな美しい風景に心が落ち着きます。

中央にある心字の池の周りをぐるっと周遊するコースです。

f:id:blkataritai:20200610001551j:plain

心字の池 デカい鯉がいます

f:id:blkataritai:20200610001557j:plain

細い道を進んでいく

f:id:blkataritai:20200609233045j:plain

f:id:blkataritai:20200609233040j:plain

灯ろうと、灯ろう越しの風景


男滝・女滝

f:id:blkataritai:20200609233325j:plain

おそらく男滝

園内には小さな滝が2つあり、男滝・女滝といいます。
水の流れは癒し。そして写真好きな自分にとって、撮りたい被写体でもあります。

楽寿亭(らくじゅてい)と刀傷

f:id:blkataritai:20200609233143j:plain

楽寿亭

池の真ん中の浮島に建つ、茅葺き屋根の建物「楽寿亭

小さいながらどの方向から見ても絵になります。
この建物は藩主や藩の重役が納涼・茶席・密談をする際に用いたとのこと。(立て看板より)

いやぁ、風流ですね。

f:id:blkataritai:20200609233153j:plain
f:id:blkataritai:20200609233149j:plain
建物内
f:id:blkataritai:20200609233318j:plain
f:id:blkataritai:20200609233204j:plain
浮島の建物周りをぐるっと一回り

そんな風流な楽寿亭ですが、実はここに戊辰戦争の時の刀傷があるんです..!

f:id:blkataritai:20200609233158j:plain

刀傷

↑です。
一瞬看板の下が刀傷のように見えましたが(笑)横の濡縁部分にあります。
150年程前の生々しい傷が今も残っています。

突然ですがここで一つクイズ。
下記の写真は楽寿亭に向かう道中ですが、偶然遭遇した何かの生き物が隠れています。探してみて下さい。

自分はびっくりしましたが、しっぽの色が綺麗でした。(ヒント・爬虫類。苦手な方は閲覧注意)

f:id:blkataritai:20200609233139j:plain

何かが隠れています。

f:id:blkataritai:20200611022410j:plain

何かが..

f:id:blkataritai:20200611022416j:plain

隠れています...

さらに散策

楽寿亭を後にしてさらに散策していきます。

f:id:blkataritai:20200609233134j:plain

f:id:blkataritai:20200609233123j:plain

キャラボク

キャラボクの木がものすごく芸術的。
この日は気温が32度くらいまで上がり、とても暑かったのですが、散策中木の葉が風にゆれる音に少し爽やかな気持ちになりました。

f:id:blkataritai:20200609233055j:plain

切り株の上に松ぼっくり

歌人・与謝野晶子歌碑

庭園を半分位まわったところに「与謝野晶子歌碑」があります。

f:id:blkataritai:20200609233113j:plain

f:id:blkataritai:20200609233109j:plain

与謝野晶子歌碑と立て看板

 

与謝野晶子氏は明治44年と昭和11年に会津に訪れたようです。
この歌は昭和11年に詠んだもの。石碑は園のすみっこにひっそりと佇んでいます。

ちょっと休憩

f:id:blkataritai:20200609233119j:plain

与謝野晶子歌碑近くの休憩スペース

与謝野晶子歌碑の近くに休憩スペースがあります。
散策に疲れたら、日陰で一息 いれましょう。
(自販機等の設置はありません。)
この場所には福島県のかえでの種類が植えられており、秋には美しく色づきます。

f:id:blkataritai:20200609233104j:plain
f:id:blkataritai:20200609233100j:plain
福島県のかえでの種類

枯沢(かれさわ)

f:id:blkataritai:20200609233219j:plain

枯沢

舟遊式時代の景物(現在の様式は1696年に改修された)で、遠くから見ると本物の沢に見える。

さらに散策

f:id:blkataritai:20200609233224j:plain

f:id:blkataritai:20200609233353j:plain

お茶屋御殿が見えてきました

お茶屋御殿

f:id:blkataritai:20200609233252j:plain
f:id:blkataritai:20200609233257j:plain
お茶屋御殿

コース最後のみどころ、お茶屋御殿。
松平容保公が隠居後しばらく過ごした場所、そして戊辰戦争から十数年後の1883年(明治16年)に東京から一家で移り住んだ場所です。
冬の絵ろうそくまつりでは、ライトアップされたお茶屋御殿で琴の演奏を行っており、とても美しいです。
通常だとここで抹茶をいただけますが、現在は感染症対策で中止。


他にも見どころいっぱい

f:id:blkataritai:20200609233247j:plain

御殿前で鴨の親子に遭遇 かわいい

f:id:blkataritai:20200609233238j:plain

木からキノコが生えている

おわりに

今回は新緑の会津松平氏庭園「御薬園」を散策してきました。
自然がいっぱいの庭園でいろいろな時代の痕跡を見ることができるので、とてもおもしろいです。
順路最後の売店では薬草茶など体によさそうなお土産が売っています。
薬用人参が漬けてある瓶もあったので訪れた際には是非見てみてください。
※感染症対策のため、必ずマスクをして訪問ください。

それでは、今回はこの辺で!お読みいただきありがとうございました!

アクセス

会津若松駅前より街中周遊バス「ハイカラさん」に乗車30分。御薬園バス停下車。
(現在感染症対策で減便中。会津バス公式サイトで時刻表要確認)

 

 

 ホテル選びに迷ったらこちら↓

funachii.net

 

 御薬園の近くにある遺跡↓

funachii.net

 

funachii.net

 

funachii.net

 

 会津とは↓

funachii.net

 

 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 参加中

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 前記事でせっかく☆いただいたのにうっかり記事のURL変更してしまったために消えてしまいました...。いつも☆やブックマーク有り難うございます。失礼いたしました!

 

観光や出張に 福島県会津若松のおすすめホテル5選!

はじめに

こんばんは。今回は日頃観光スポットについて書いているので、一日めいいっぱい楽しんだ後のお楽しみ、おすすめのホテルを紹介していきます...!
駅近のホテルも紹介しているので、出張の方にも役立つかとおもいます✨

会津若松市内・駅近ホテル

駅前フジグランドホテル
楽天

じゃらん 
駅前フジグランドホテル

 JR会津若松駅目の前(駅から出て右手すぐ)
in 15:00   out 10:00
朝食 プランにより有り。(和食or洋食)

近くの日帰り温泉富士の湯当日無料サービスあり。
(プラン要チェック)

近隣にスーパー(少し歩けばPM11:00まで営業の店も)や居酒屋多数。ホテル内飲食店あり。(ラーメン店、中華料理店、喫茶店)

ホテルアルファーワン会津若松
楽天

じゃらん
ホテル・アルファーワン会津若松

JR会津若松駅徒歩2~3分(フジグランドホテルの裏)
in 15:00   out 10:00
朝食 プランにより有り。(和洋バイキング)

アメニティが充実しているし、財布に優しい料金がうれしい。
こちらも上記ホテルと同じ周辺環境で、飲食店には困りません。

会津若松ワシントンホテル
楽天

じゃらん
会津若松ワシントンホテル

JR会津若松駅徒歩5分程度(駅前の通りを真っ直ぐ。左側にあり)
in 14:00   out 12:00
朝食 プランにより有り。(和洋バイキング)

ステイ時間が長いのが魅力。
飲食店は館内にレストラン。近隣にコンビニ2件、ラーメン店、珈琲店などもあり。

会津若松市内・観光中心地 鶴ヶ城&七日町 近隣ホテル

 中町フジグランドホテル
楽天

じゃらん
中町フジグランドホテル

JR会津若松駅徒歩30分程度。バス 神明通りバス停下車 徒歩3分程度。
in 15:00   out 10:00
朝食 プランにより有り。(和食or洋食)

観光地激近...!鶴ヶ城へ徒歩15分、野口英世青春館へ徒歩3分、七日町入り口まで5分程度で便利。
近隣にスーパー、少し歩くとコンビニあり。カフェ、ピザ屋など飲食店多数。
10分程歩きますが有名わっぱ飯店あり。
居酒屋多数の繁華街も徒歩圏内。
ここのホテルはプランが個性的すぎて見るだけでもおもしろいです。 

ゆっくり体を休めたい方に・東山温泉

会津東山温泉 御宿東邦
楽天

じゃらん
御宿 東鳳

 JR会津若松駅から無料シャトルバスあり(予約制)
in 15:00   out 10:00
朝食・夕食 一泊二食付き(バイキング)

東山温泉の玄関口の人気ホテル。
バイキングがおすすめ、こづゆなどの郷土料理を好きなだけ味わえる✨
露天風呂からは会津の街(鶴ヶ城も)を望む大パノラマが楽しめ最高!
会津武家屋敷に近いので、車で来る方はコースにいれるのもおすすめ。

ゆっくり体を休めたい方に②芦ノ牧温泉

会津芦ノ牧温泉 大川荘
楽天

じゃらん
会津芦ノ牧温泉 大川荘

JR会津若松駅から無料送迎バスで30分程(完全予約制)
  芦ノ牧駅から無料送迎バスで5分程(要事前連絡)
in 15:00   out 10:00
朝食・夕食 プランにより有り。(和食)

芦ノ牧温泉の老舗ホテル。
館内施設充実。和を感じる素敵な館内で、美しい三味線の音色に癒されます。
部屋や温泉からの景色も素晴らしく、地産地消の食事がおいしいと評判の宿。

おわりに

今回は会津のおすすめホテルを5つおすすめしました!
自分もそうなんですが、ホテル選びって結構悩みますよね...。
アクセス、チェックイン・アウト時間が自分の予定に合うかや、部屋の雰囲気、食事、アメニティなどチェックしたいポイントが沢山。
少しでもそんなホテル選びの助けになればうれしいです。
(今回紹介の宿はコロナウイルス対策を明記されている所ばかりです。)

それでは、今回はこの辺で。お読みいただきありがとうございました!
健康に留意して楽しい旅を..!

 

 

 会津とは↓

funachii.net

 

会津観光の参考にどうぞ↓

funachii.net

 

funachii.net

 

funachii.net

 

 今回紹介した「中町フジグランドホテル」近くのレトロカフェ↓

funachii.net

 

 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 参加中

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

これをみれば会津通!会津若松城(鶴ヶ城)徹底攻略③ 西出丸から入城編

 はじめに

こんばんは。今回は福島県会津若松市にある鶴ヶ城の徹底攻略シリーズ3回目です。
道の向かいに藩校日新館跡、少し先に大河ドラマにもなった「八重の桜」新島八重の生誕地がある、西出丸側からのルートを攻略していこうと思います..!
はたして西出丸側にはどんな仕掛けがあるのでしょうか。

f:id:blkataritai:20200604212942j:plain

西出丸入り口近くの休憩スペースにある概要図 当時の様子が分かりやすい


早速鉄壁 内堀と高い石垣

鶴ヶ城西出丸は加藤時代の大改修の際に整備されました。
堀に囲まれ、さらに高い石垣に囲まれているのでこちらも侵入が容易ではなさそうです。

f:id:blkataritai:20200604213000j:plain
f:id:blkataritai:20200604213005j:plain
西出丸側 内堀外から撮影

いよいよ西出丸へ

西出丸は駐車場になっているので、こちらから入る場合は車に注意。
写真2枚目、堀沿いの細い道を入っていきます。

f:id:blkataritai:20200604212955j:plain
f:id:blkataritai:20200604213010j:plain
西出丸 入り口

しばらく歩くと右手に駐車場に向かう道と分かれます。
今回は徒歩なのでまっすぐ行きます。

f:id:blkataritai:20200604214728j:plain

西出丸駐車場 立て看板

f:id:blkataritai:20200604214700j:plain

どちら側から入っても立っている 死角がない鶴ヶ城の看板 

f:id:blkataritai:20200604214812j:plain
f:id:blkataritai:20200604214733j:plain
途中 侵入を防ぐ仕掛けが多数待ち受けています

どんどん歩くと、なにやら建物が見えてきました。

f:id:blkataritai:20200604214807j:plain

あの建物は...?


北出丸に合流

なんだ、西出丸入り口から意外と距離短くない?と思ったのもつかの間、これから先は前に紹介した「北出丸」(通称皆殺し丸)に合流するんです。

f:id:blkataritai:20200604232047j:plain

先ほどの建物は北出丸「武徳殿」武道場

よりによって皆殺し丸に合流してしまうとは侵入は絶望的。やはり鉄壁です...!


北出丸の恐ろしさ&ここから先の北出丸ルートはこちらで↓

funachii.net

  

別ルート 西出丸駐車場側から

駐車場からはまず、「梅坂」を登ります。

f:id:blkataritai:20200604215024j:plain

梅坂

f:id:blkataritai:20200604215013j:plain

石垣に囲まれている

坂を上り終え、ふと左手石垣の上を見上げると、木造の謎の建物が見えます。

f:id:blkataritai:20200604215017j:plain

あの建物は...?

最後の関門 帯郭(おびくるわ)

先ほどの場所を抜けると、生い茂る木々の先に鶴ヶ城が見えてきました..!

f:id:blkataritai:20200604215029j:plain

鶴ヶ城が見えてきた

よっしゃ、もうすぐ城にたどり着くぞ!と思ったのもつかの間、ここは残念なことに本丸とは繋がっていない「帯郭(おびくるわ)」という場所なんです。

 

帯郭①・鐘撞堂(かねつきどう)

f:id:blkataritai:20200604215034j:plain

鐘撞堂

 先ほど道中の石垣の上に覗いていた建物は「鐘撞堂(かねつきどう)」です。
鐘は1747年に地元の鋳物師によって鋳造されたもの。
江戸時代には2時間(一刻)毎に江戸流の撞き方で鐘を鳴らし、城下町に時間を知らせていたようです。
戊辰戦争時にも、鐘を撞く人が銃弾に倒れた時は代わりの人(武士など)が欠かさずに鳴らしつづけたとか。(すごい..!)

帯郭②・上杉謙信公 仮廟所

f:id:blkataritai:20200604215040j:plain
f:id:blkataritai:20200604215048j:plain
f:id:blkataritai:20200604215053j:plain
上杉謙信公 仮廟所跡

帯郭のみどころ、その2は上杉謙信公の(おそらく)仮廟所だったところ。
おそらくというのは、上杉景勝公が会津に入封するとき謙信公の墓所もこちらに移されることになり、その際「鶴ヶ城の西南の隅の仮殿に安置」したとの記述が残っていることからこの地がその場所と推測されたようです。(図1 看板より)
廟所の横というか奥には笠間稲荷神社があります。

御廟跡は春の桜がとても綺麗なんですよ✨

 

会津の藩主の入れ替わりがわかりやすい看板、上記上杉公は蒲生公の後↓

f:id:blkataritai:20200604214821j:plain

歴代城主家紋 豪華な家々が並ぶ



最後の砦・鉄門(くろがねもん)

f:id:blkataritai:20200604215059j:plain

f:id:blkataritai:20200604215104j:plain

黒ずんだ石垣の一部が気になる鉄門

帯廓から本丸に入るための賢固な表門。
鉄門は字のごとく柱や扉が全て鉄で覆われています。
この門も加藤公の大改修により造られました。
戊辰戦争の際は賢固なこの門の前で松平容保公が指揮をとったようです。

鉄門をくぐると...!&石垣に残されたおまじない

f:id:blkataritai:20200604215108j:plain

南走り長屋

賢固な門を抜けると、天守からつながる南走り長屋が見えてきました。
ここは天守に入場した際に内部を見学することができ、南走り長屋再建のようすがパネルで紹介されていたり、敵を迎え撃つ狭間(さま)があったりと勉強にもなり楽しめます。

f:id:blkataritai:20200604215117j:plain

本丸側から見た鉄門 ハート岩が隠れているので探してほしい

ちなみに鉄門の石垣は「切り込みハギ」という、石の形がまっすぐ綺麗に整えられた工法です。ここに昔の人が残した「ハート岩」があるので是非探してみてください。
なにかのおまじないなのかなんなのか、殺伐とした時代にもユーモアあふれる方がいたんですね。

おわりに

f:id:blkataritai:20200604215113j:plain

本丸内

本丸敷地内に到着したので今回はここまで。おつかれさまでした...!
今回は西出丸~帯廓ルート~鉄門をまわりました。
鐘撞堂でのエピソードには会津藩士のまじめな人柄が現れていて、改めてすごいなぁと感じました。
次回はいよいよ見どころいっぱいな本丸~櫓(やぐら)までをまわっていきます...!

 

今日はありがとなぁ。また来てなぁ~!

 

 二ノ丸ルートはこちら↓

funachii.net

 

 ホテル選びに迷ったらこちら↓

funachii.net

 

 会津若松とは↓

funachii.net

 

 七日町観光はこちら↓

funachii.net

 

 荒城の月と青葉城&鶴ヶ城↓

funachii.net

 

 

 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 参加中

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

土井晩翠「荒城の月」がつなぐ仙台青葉城と会津鶴ヶ城 



はじめに


こんばんは。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
自粛明けで本格的に仕事がはじまり、忙しい日々を過ごされている方も多いかと思います。

観光も様子を見つつの再開ですが、感染に気をつけて、この時代なりの楽しみ方ができれば良いものです。

そんな今回は宮城県仙台市にある「仙台城(青葉城)跡」についてです。(写真は2015年に訪れた時のもの)
実は青葉城は会津鶴ヶ城と「あれ」が一緒なんです。


仙台城(青葉城)跡とは


f:id:blkataritai:20200531230121j:plain
宮城県仙台市の青葉山の高台に築かれた平山城です。
自然の要害を生かして、初代藩主伊達政宗公がつくりました。

天守閣の無い城でしたが、明治時代の取り壊しや火災で、今は石垣と再建の櫓を残すのみとなっています。

ちなみに現在二ノ丸跡は東北大河内キャンパスに、三ノ丸跡は仙台市博物館となっています。
(博物館と青葉城はかなりの高低差があるので驚きます。)

会津若松城(鶴ヶ城)とのつながり


同じ東北、そしてお隣の県ということで、青葉城と鶴ヶ城にはいくつかのつながりがあります。

まずは、仙台藩主伊達政宗公
実は伊達政宗公は、一時期会津藩主でした。

しかし奥州仕置の時に、秀吉の命で黒川城(当時の鶴ヶ城の名称)を明け渡すことになり、一年余りの短い会津支配に終わったようです。

次に幕末、戊辰戦争時の「奥羽列藩同盟
共に佐幕派として、新政府軍と戦いました。

土井晩翠と青葉城そして鶴ヶ城


冒頭でお伝えした青葉城と鶴ヶ城にある「あれ」とは土井晩翠氏が作詞した「荒城の月」の歌碑です。

荒城の月は、唱歌の懸賞の応募作品として滝廉太郎氏が作曲した作品。
その楽曲に仙台出身の作詞家 土井晩翠が作詞しました。

なぜ青葉城や鶴ヶ城にその歌碑があるのか。

それは、明治生まれの晩翠が修学旅行で鶴ヶ城跡を訪れた際に荒れ果てた姿を目にして、故郷の青葉城と重ね合わせ、そのイメージをもとに詩を書いたから。

晩翠のおかげで今でも青葉城と鶴ヶ城はこの歌碑でつながり、それぞれ毎日決まった時刻にその寂しげなメロディを城跡に響かせています。
(自分はとても切なく悲しいけれど美しさも感じ好きな歌です。鶴ヶ城では15時に行った時に流れていました。)

f:id:blkataritai:20200531225659j:plain
青葉城 荒城の月碑と土井晩翠像

f:id:blkataritai:20200531230136j:plainf:id:blkataritai:20200531230131j:plainf:id:blkataritai:20200531230142j:plain
鶴ヶ城 荒城の月碑 晩翠直筆のもので裏側にも文字が
※荒城の月歌碑は作曲者滝廉太郎の故郷大分県竹田城にもある。

青葉城見どころ



伊達政宗公 騎馬像
青葉城といえば、な政宗像。けっこう高さがあります。なのでお顔があまり見えない。

f:id:blkataritai:20200531230126j:plain
有名な伊達政宗騎馬像


青葉城資料展示館
城の当時の豪華絢爛な姿が再現されたCGシアターがみどころ。伊達政宗公の映像作品も上映されていて、その人柄に触れることができます。

2015年当時はなかったですが、現在VRゴーというサービスを行っており、VRゴーグルを着けながら青葉城跡を巡ると、当時の姿を体感できるようです。
楽しそうですね...!
(体験時間20分程 VRゴーグルは展示館にて貸出)
その他展示品や、土産店もあり勉強にもなり、楽しめます。


宮城県護国神社
こちらも敷地内にあります。前回参拝してないので、今度行ったらしたい!

f:id:blkataritai:20200531225717j:plain
宮城県護国神社


日本料理「仙臺」

青葉城敷地内にある食事処。
当時お寿司のセットを食べまして、とても美味しかったです。
ずんだ餅も絶品...!
メニューにはご膳、はらこ飯や牛タン定食などもあるようです。

青葉城(仙台城)跡 アクセス


仙台駅よりシティループバス「るーぷる仙台」に乗車25分程度

f:id:blkataritai:20200531225911j:plain
レトロ可愛い「るーぷる仙台」
るーぷる仙台料金 大人260円(1日券 630円 地下鉄共通1日券 920円)

おわりに



今回は仙台市にある「青葉城」と会津「鶴ヶ城」のつながり、なかでも土井晩翠作詞の「荒城の月」について書いてきました。


自分個人的には、晩翠が会津若松に「修学旅行で訪れて...」というエピソードに昔(明治時代)から修学旅行ってあったんだ...!と驚きました。しかも行先も今とおそらく似ている..笑


コロナが落ち着いたら、宮城県だと「松島」にも行きたいなぁ、とうずうずしています。
他にも「白石城跡」なども行きたい。ずんだシェイクも飲みたいし。





それでは、話は尽きませんが今回はこの辺で。お読みいただきありがとうございました!
最後に青葉城から見た美しい風景を載せておわります。

f:id:blkataritai:20200531230116j:plain
伊達政宗も眺めていた仙台の街 遠くに海も見える





今回出てきた会津鶴ヶ城を深堀り..!
funachii.net


funachii.net


funachii.net


funachii.net


funachii.net


 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 



 参加中

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

会津若松 七日町通りでレトロ建築&新選組の痕跡をたどる旅

 

はじめに


こんにちは。今回は東北の観光地福島県会津若松市にある七日町通り」を歩いてみました!(散策所要時間 1時間~程度)
七日町通りにはレトロな建物の商店等が立ち並んでいます。その昔、毎月七日の日に市が立ったことからそう名づけられたとか。

通り沿いにある阿弥陀寺には新選組「斎藤一」の墓があるなど会津戊辰戦争当時の新選組の痕跡を辿ることができます。一体どんなスポットなのでしょうか?




アクセス

徒歩 会津若松駅から徒歩30分程度 
駅から出て右に曲がった大町通りか、一本先の大通りまで出た中央通りをまっすぐ歩く。
大町通り⇒大町四ツ角を右に曲がる⇒七日町通り
中央通り⇒神明通りアーケード手前を右へ⇒大町四ツ角⇒七日町通り

f:id:blkataritai:20200524154835j:plain

大町四ツ角


バス 会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」に乗り 七日町のいずれかのバス停で下車(乗車時間5分程度

 


七日町通りを散策

いよいよ通りを散策していきます。今回の旅からおなじみのぺんちぃの他に、白虎隊好きな「ぴよちぃ」も参加します。よろしくお願いします✨

はじめまして、ぴよちぃといいます。今日はよろしくおねがいします

おばんです。ぴよちぃも来てくれただな、一緒に散歩すっぺ

大町四ツ角から七日町通りに入るとまず目に入るのが、「白木屋漆器店」のかっこいい建物。創業300年以上の歴史をもつ老舗の漆器店で、この建物は大正3年に建てられたもの。
立派すぎて緊張してしまい、チキンな自分はまだ中に入ったことがないです..笑
現在は感染症対策の為、お店を休業されていました。(来店予約制&通販はやられているようです)

f:id:blkataritai:20200524155116j:plain

白木屋漆器店

白木屋さんの向かいにある、昭和なつかし館

一階が骨董屋さんで二階が昭和の街並みを再現したなつかし館になっています。

f:id:blkataritai:20200524155013j:plain

昭和なつかし館

 

昭和の茶の間や飲み屋さんなどが再現されてて、写真も撮れるし楽しいぞぉ

 

f:id:blkataritai:20200524154941j:plain

白木屋の並びにある 塚原呉服店

とてもレトロな建物の「だいに つかはら(塚原呉服店)」さんも気になります。
建物に書いてある文字が逆読みですごい...!

新選組の痕跡.1 清水屋旅館跡

f:id:blkataritai:20200524155101j:plain

清水屋旅館跡(現 大東銀行会津支店)

レトロな街並みにも目を奪われますが、この通りにはレアな新選組の痕跡があるんです。
まずは、新選組副長の土方歳三が足のケガの治療の為滞在した清水屋旅館跡
現在は大東銀行会津支店となり、隅にひっそりと看板が立っています。

この地に土方さんが宿泊してたなんてすごい...!

新選組の痕跡.2 新選組記念館

f:id:blkataritai:20200524155030j:plain

新選組記念館

七日町通り中ほどまで歩くと通りの右側にダンダラ模様の旗を掲げる「新選組記念館」があります。

ここの1階は「骨董 むかしや」2階が「新選組記念館」です。
館主のコレクションで構成される資料館は貴重なものが沢山...!
数年前に自分が観にいった時は芹沢鴨のくさりかたびらが展示されていて迫力がすごかったです。(定期的に展示替えされているようです)
武器や資料などがところ狭しと並んでいるので新選組ファンの方はもちろん、それ以外の方も楽しめると思います。

当時のものを実際に見ると、どきどきするなぁ✨

f:id:blkataritai:20200524233901j:plain

記念館脇の自販機

自販機も新選組で、館長の愛がすごい

新選組の痕跡.3 斎藤一の墓

七日町駅にほど近い「阿弥陀寺
ここには戊辰戦争の際に会津に残った新選組の「斎藤一(本名 藤田五郎)」の墓があり、静かに眠っています。

f:id:blkataritai:20200524154852j:plain

阿弥陀寺入り口

f:id:blkataritai:20200524154859j:plain

境内

奥に見える小さな建物が鶴ヶ城から移築された「御三階(ごさんかい)」です。
江戸時代の建築で明治3年に阿弥陀寺に移築されたもの。
当時の建物が残っているのはかなり貴重。一見3階建てに見えるが内部は4階建て。
御三階の左、少し手前に立て看板のある所が斎藤一の墓です。

 

阿弥陀寺はみどころ満載ですね...!

 

おわりに

今回は会津若松市七日町通りのレトロスポット&新選組の痕跡を辿ってきました。

新撰組、そして会津若松(近隣諸藩)は幕末の戊辰戦争で悲運の運命を遂げました。
その後に日本は明治時代を迎え、歴史を刻み、現代につながっている。
このスポットを巡り、改めてそのことを感じることができました。

 

これらの他にも七日町には有名な食事処「渋川問屋」美味しいパン屋「panfeel SHUN」など思わず立ち寄りたい、そして写真に撮りたくなるスポットが満載です。歴史を感じながら、カメラ片手に散策などいかがでしょうか。

f:id:blkataritai:20200524154935j:plain

郷土料理などがいただける渋川問屋

f:id:blkataritai:20200524154956j:plain

食べ歩きにもおすすめのパン店 SHUN

それでは、お読みいただきありがとうございました!

※今回紹介した交通手段や観光施設は感染症対策のため、お休みや時間短縮している場合があります。それぞれ感染を広げないように留意して過ごしましょう...!

 

今回も楽しかったなぁ、また会うべな!ぴよちぃもまたなぁ

ぼくも楽しかったです、また一緒に散策しましょう!

 

 七日町にほど近いレトロなカフェはこちら↓

funachii.net

 会津若松ってこんなところ↓

funachii.net

 

 ホテル選びに迷ったらこちら↓

funachii.net

 

 

 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 参加中

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

今回から登場のキャラ「ぴよちぃ」と先輩「ぺんちぃ」の紹介をサイドバーに掲載しています。良ければ見てみてください。

ブログに登場するキャラクター紹介 - ふなちぃの写真&旅ブログ✨

これをみれば会津通!会津若松城(鶴ヶ城)徹底攻略② 二の丸から入城編

 
はじめに

こんばんは、ふなちぃです。
今回は福島県会津若松にある鶴ヶ城徹底攻略の二回目。
前回のルートとは違う、三の丸(現福島県立博物館)~二の丸~廊下橋ルートをご案内します✨
最終的に全ルート合流でお城にいけるように書いていくので、好きなルートだけ見ていただいても大丈夫です。今回も相棒のぺんちぃと共にお届けしますね...!

おばんです。今日もよろしくなし


 鶴ヶ城とは?な方、はじめから読みたい方はこちらをどうぞ↓

funachii.net

 
桜が綺麗な福島県立博物館から出発(アクセス)

県立博物館は鶴ヶ城二の丸入り口に隣接しており、国指定史跡「若松城三ノ丸跡」でもあります。

会津若松駅から
まちなか周遊バスハイカラさんに乗り 鶴ヶ城三の丸口バス停で下車すると、まわりやすいのでおすすめです。
※現在感染症対策のため観光施設や交通機関が休館や減便しています。コロナ終息までは各自治体の指示に従い最大限の予防を。

春にはタカトオコヒガンザクラがお城よりひとあし早く咲き誇り綺麗です✨

博物館の駐車場入り口脇には無料で見学できる「まなべこ」という歴史学習施設もあるので、歴史すきな方にもおすすめ...!

ぺんちぃはここの博物館で、はにわと土偶を観んのがすきだぁ

 

f:id:blkataritai:20200520113333j:plain

三ノ丸堀跡 立て看板 奥の建物が福島県立博物館

f:id:blkataritai:20200520113326j:plain

青空にコヒガンザクラが映える

f:id:blkataritai:20200511145626j:plain

磐梯山もチラ見え👀📸


博物館の桜を満喫したら、お城に移動していきましょう!

↓お城側へ横断歩道渡る


いよいよ鶴ヶ城の敷地へ!

f:id:blkataritai:20200520113539j:plain

二ノ丸入り口から入ってすぐの堀

f:id:blkataritai:20200520113530j:plain

デカい木々に圧倒されます

↓すすむ

f:id:blkataritai:20200520113402j:plain

右手に見えてくるテニスコートとタンポポのコラボが素敵な場所

↓さらにすすむ

f:id:blkataritai:20200520113412j:plain

廊下橋とソメイヨシノ

鶴ヶ城のみどころの一つ、廊下橋が見えてきました!

f:id:blkataritai:20200520130143j:plain

ここを曲がると廊下橋


↓すすむ


美しさと鉄壁の防御を兼ね備えた廊下橋


いよいよ廊下橋を渡ります✨数年前に塗り替えたばかりで、橋の朱も映えギボウシが金になりきれいです。

f:id:blkataritai:20200520113451j:plain

廊下橋と桜並木

渡るとき左側に見える扇の勾配とよばれる石垣は高さ20メートルほどもあり、有事の際には橋を落とし中に入れないようにしたそう。鉄壁...!

f:id:blkataritai:20200520113548j:plain

右側の石垣が扇の勾配 遠くに見える出っ張っている所が茶壷櫓

下のお堀をよーく見ると、いろんな生ぎもんがいて楽しいぞぉ。

f:id:blkataritai:20200520113607j:plain

のんびり甲羅干し中の亀 ほのぼのする

f:id:blkataritai:20200520113500j:plain

堀の水が少ない日はデカい鯉も見える ほんとにデカい

橋を渡りいよいよ鶴ヶ城本丸へ!


城へはまだまだ道のりが、石垣を左手にしながら道をまっすぐ進みます。↓

f:id:blkataritai:20200520132008j:plain

途中右手に桃の木いっぱい


↓すすむ

f:id:blkataritai:20200520113515j:plain

鶴ヶ城が見えてきました ソメイヨシノとのコラボが良き

↓すすむ(このあたりの右手に鶴ヶ城稲荷神社があります。春もだけど秋がめちゃめちゃ綺麗)

f:id:blkataritai:20200520113507j:plain

鶴ヶ城本丸手前

お疲れ様でした!鶴ヶ城本丸広場入り口に到着です✨
ここから本丸前広場に出るとすぐに鶴ヶ城の入場券販売所、そして入場口です...!

本丸の広場にはお茶室とかいろいろあっから、またこんど連れて行くからなっし


おわりに

鶴ヶ城徹底攻略2回目、いかがでしたでしょうか?
二ノ丸からのルートも廊下橋や扇の勾配があったりと侵入が容易ではない印象です...!

次回も他の入り口からお城に迫っていきたいと思いますので、良ければお付き合いください✨

それでは、今回もお読みいただきありがとうございました!

今日は楽しかったな、また会うべなぁー!

 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

サブスクで聴ける!90年代後半~の懐かしV系プレイリスト作ってみた(LINEMUSIC編)

 はじめに

こんにちは。ふなちぃです。
今回はサブスク音楽配信サービスLINEMUSICで聴ける、懐かしのV系プレイリストを作ってみました!
大体90年代後半~00前半の曲です。完全に自分の趣味ですが、リアタイの方もそうでない方も興味ある方はお時間のある時にぜひぜひ聴いてみて下さい☻

music.line.me


プレイリスト

1.薄命~散りゆく百合を見つめながら~  LAREINE(ラレーヌ)
LILLIE CHARLOTTE within Metamorphose 収録
Versaillesやソロで活躍するKAMIJOの在籍していたバンド。自分はこのころの歌い方推し...!

2.MIZERABLE(ライブver)Gackt(ガクト)
※1999年発売 Gacktソロデビューシングル

3.garbe  LAREINE(ラレーヌ)
LILLIE CHARLOTTE within Metamorphose 収録
ロマンチックだけどギターがロックですごく好き。

4.木漏れ日 Laputa(ラピュータ)
Laputa Coupling Collection+***k 収録
ラストライブのDVDで聴いてハマった曲(遅っ)
ドラマティックな展開が好き...!

5.腐海 DIRENGREY(ディルアングレイ)
VESTIGE OF SCRATCHES(ベストアルバム)
収録
元々シングル「かすみ」のカップリングで、ライブで披露されていたverが改めてベストアルバムに収録された。自分はこちらverとても好き!

6.MARIA 黒夢(くろゆめ)
清春さんの声ってかっこいい。

7.ロマンス PENICILLIN(ペニシリン)
アニメ「すごいよ!!マサルさん」主題歌。当時めちゃめちゃ流行した曲。数年前に対バンのライブではじめて生で聴いたときは感動しました...!

8.CHILD PREY DIRENGREY(ディルアングレイ) 
VESTIGE OF SCRATCHES(ベストアルバム)収録。2002年発売のシングル曲。
ライブで聴きたいめっちゃ盛り上がる一曲!サビのメンバーの掛け声がカッコ良い✨

9.我伐道(がきどう) バロック
個性がすごい。
MVも含めて好き!

10.WITH THE WIND Laputa(ラピュータ)
サビの突き抜ける感じがすごくすき。勝手にライブのラストにきて欲しい曲。一度も参戦できずでしたが...。

以上10曲です。

今回はLINEMUSICで聴ける懐かしV系プレイリストを作成しました。
他にもラクリマクリスティとか入れたかったけど、サブスクではなく有料だったので今回は入れませんでした。
ラクリマはLhasa がおすすめなのでご興味あれば...!

LINEMUSICの料金など

LINEMUSICは月額980円のサブスク音楽配信サービスです。
初回3ヶ月無料なので、まずは試してみて体感するのをおすすめします!
自分の感想としては、好きな曲でプレイリストを作ってすぐに聴けるのでめちゃめちゃ便利。V系バンドの曲も懐かしのものから結構ある印象です。

で、サブスクで気に入っていただけたバンドがいたらCDを買って、いつかコロナが収束したらライブに参戦してみて下さい...!やっぱりライブが一番っす☻

 

AMAZON MUSIC unlimitedも新規お試し3ヶ月無料で試せます(4ヶ月目以降は月額980円。プライム会員780円)音楽好きな方はこの機会にぜひ✨

 ↓

おわりに

お読みいただきありがとうございました!
今回自分でプレイリストを作りながら懐かしの曲が聴けて楽しかったです。
今度は最近ハマっている曲でプレイリストを作ってみたいなと思います。
それでは、また次回に...!

 

 

 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 

参加中

>ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

これをみれば会津通!会津若松城(鶴ヶ城)徹底攻略① 北出丸編

 こんにちは。今回は自分が愛してやまない福島県会津若松市にある「鶴ヶ城」を徹底解剖していきたいと思います✨
春の桜verです。(写真は全国宣言前、散歩時に撮影)

 

そもそも会津若松市とは?という方はこちら↓

funachii.net

 

お城の敷地は結構広いので、数回に分けての更新を考えています、よければお付き合いください😊(この記事は画像の表示がうまくいかずだったので、先日公開した記事をリライトしたものです)

今日も会津好きぺんちぃと一緒に紹介していきます...!

こんにちは。今日はよろしくなし。

会津のシンボル会津若松城(鶴ヶ城)

俗称「鶴ヶ城」といいつつ、若松市内の看板や標識等全部この呼び名です(笑)

1384年に芦名直盛氏が築いた「東黒川館」がはじまりと言われている名城。

蒲生氏郷公などさまざまな藩主が会津を治め、加藤明成公の時代に元の7層から現在の5層の天守閣に改装された。

幕末の会津戊辰戦争の一ヶ月にも及ぶ籠城戦に耐えたものの、敗戦し開城。

戦後の明治に取り壊される。現在の天守は昭和40年に再建されたもので、内部は歴史資料館となっている。

天守台などの石垣は当時のもの(部分的に近代に積まれたものもあり)


アクセス

会津若松駅から 街中周遊バス「あかべぇ」に乗り「北出丸大通り」で下車すると今回のルートで行けます。通りのはじめから歩く場合は「会津若松市役所前」がいいかも。

散策所要時間2時間程度
(砂利道も多いので、歩きやすい靴で訪れた方が良き)

まずはお城の正面 北出丸ルートから

北出丸大通り

f:id:blkataritai:20200419211728j:plain

大通りをまっすぐ歩きます

f:id:blkataritai:20200419234745j:plain

春は桜並木が美しい

f:id:blkataritai:20200419171345j:plain

 

f:id:blkataritai:20200419170803j:plain

進行方向右手にある白露庭(会津藩家老内藤家の庭。現裁判所)

左手には同じく家老の西郷頼母邸跡があり、石碑が建てられています。

f:id:blkataritai:20200419171219j:plain

北出丸大通りは会津戊辰戦争降伏式の地

↓信号を渡る

f:id:blkataritai:20200419171622j:plain

左手に長門屋(お菓子屋さん)

横のしだれ桜が満開時には美しい

↓歩く

f:id:blkataritai:20200419171910j:plain

 いよいよ鶴ヶ城の敷地です

f:id:blkataritai:20200419172023j:plain

 お堀にはデカい鯉(何年生きているんだろう)や鴨がプカプカしています、癒し✨

なんと水源は猪苗代湖

f:id:blkataritai:20200419211648j:plain

↓歩く

f:id:blkataritai:20200419172437j:plain

すぐに見えてくるお洒落な建物は「シルクロード文明館」

併設のカフェでは銘菓「会津葵」を食べることができます😋

↓奥に入る

文明館の奥には「鶴ヶ城会館」が。

漆器や地酒、民芸品などお土産ものが充実!

お手洗いや食事処もあります。駐車場側入り口で販売している柳津名物「あわまんじゅう」が美味しいのでおすすめ。
冷凍にしておくと保存もきくようなので、お土産にも...!

鶴ヶ城内はお手洗いが少ないので、個数が多いここで済ませた方がいいぞぉ

f:id:blkataritai:20200419172804j:plain

鶴ヶ城会館前のシダレザクラ

とても綺麗です✨

↓歩く

途中左手にある茶屋の焼き団子(じゅうねんタレ)もうまいのでおすすめ✨

写真無しです、すいません..笑

第一の防御 大腰掛&桝形

f:id:blkataritai:20200419173358j:plain

入りくんだ道のりを進んでいきます

↓進む

f:id:blkataritai:20200419180324j:plain

大腰掛

油断していると危ない...!

先ほどの石垣の裏側は階段です。

ここに隠れて入ってきた敵を銃などで攻撃する仕掛け。こわ。

f:id:blkataritai:20200419230255j:plain

枡形はここの他にもある。鶴ヶ城こだわりの防御。

↓歩く

鉄壁の防御 北出丸&椿坂(横手坂)

やっと北出丸に入ってきました。

右手奥には「武徳殿(ぶとくでん)」武道場。

左手には「椿坂」(横手坂)が。

ここは紅葉も綺麗でおらも毎年写真撮りにきてるんだ。

f:id:blkataritai:20200419191444j:plain

椿坂入り口の桜

↓登る

f:id:blkataritai:20200419200127j:plain

椿坂登りきった所。お城が見えてきました!(ここがさっき出てきたもう1つの枡形です) 

伝説の遊女石&武者走り

f:id:blkataritai:20200419203224j:plain

右手にある石垣には鶴ヶ城いちデカい「遊女石」が。ほんとデカい。

昔この石を運ぶ際に、綺麗な女性を石の上に乗せてテンションを上げて運んだという伝説の石です。(人乗っけたら更に重いんじゃ..笑)

f:id:blkataritai:20200419192333j:plain

太鼓門があった所。今は門はありません。

f:id:blkataritai:20200419201159j:plain

ちなみにここの石垣の裏側は武者走りここにも兵士が潜んで敵を待ち構えていました。こわ。

V字になっているのは登りと下りを分けていたようです。

そして、ここを抜けるといよいよ目の前に鶴ヶ城が..!✨

鶴ヶ城天守閣前に到着 しかし...

f:id:blkataritai:20200419211547j:plain

白壁に赤瓦が美しい😍

だがしかし、城の入り口はまだまだ遠いのです..。

だいぶ歩いて疲っちゃなぁ~。そこのベンチでソフトクリームでも食うべ。

 お疲れ様でした...!ぺんちぃもお疲れのようなので一度休憩しましょう。
次回もお城にどんどん迫っていこうと思います。
お読みいただきありがとうございました!

 

※まだまだ油断できない時期ですが、それぞれで感染症対策をしていきましょう。
(現在観光施設や交通機関が感染症対策で休館、減便しています。状況を見て観光に訪れてください。)

 
 

 ホテル選びに迷ったらこちら↓

funachii.net

 過去記事です↓

funachii.net

funachii.net

 写真について↓

funachii.net

 会津アクセスの要、磐越西線↓

funachii.net

 途中下車して猪苗代グルメはどうでしょうか?↓

funachii.net

 冬のお城も素敵ですよ^^

funachii.net

 


 

 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 

参加中

>ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

写真で観光!福島県会津若松 国指定史跡「甲賀町口門跡(こうがまちくちもんあと)」レポ

はじめに

こんばんは。今回は史跡散策第2弾。
福島県会津若松市にある国指定史跡「甲賀町口門跡」に行ってきました。

今回も会津好きのぺんちぃと一緒に紹介していきます...!

こんばんは。今日はよろしくなし。

若松城甲賀町口門跡とは

会津領主、蒲生氏郷(がもううじさと)は若松の町割りを行い、城下町を武士の住む郭内と町人の住む郭外とに分け、郭内と郭外の間は深い濠(外堀)と土塁で区切り16の郭門(かくもん)を設けました。この外濠は戊辰戦争後の明治4年に田畑にする条件で払い下げられほとんどが埋め立てられました。この甲賀町口の石垣はただ1つ残る郭門の一部です。

https://www.aizukanko.com/spot/145 会津観光ナビより引用 

 

ここと、天寧寺町土塁、三の丸堀跡の3箇所は平成7年に国指定史跡に追加指定されただぁ。

アクセス

バス 会津若松駅駅前ターミナルからバスに乗り郵便局前神明通りバス停で下車 徒歩10分程度

(現在感染症対策で観光周遊バスは減便中。状況が落ち着いてから観光にお出かけください)

徒歩 会津若松駅から40分程度(駅から中央通りに出て、まっすぐ若松郵便局まで歩き、左に曲がり真っ直ぐ。常陽銀行を過ぎてもしばらく真っ直ぐ歩いて、セブンやパティオビルのある道を右に曲がり少し歩くと右側にあります。

 

周辺は繁華街で飲み屋さん多数、そんな街中にどーんと突然立派な石垣が現れます...!

f:id:blkataritai:20200516150945j:plain

正面

 

f:id:blkataritai:20200516150647j:plain

横 かなりデカい石がある。

f:id:blkataritai:20200516150740j:plain

裏側 草が生え茂っています。登ったりできないように立ち入り禁止の看板が立ってました。

f:id:blkataritai:20200516150840j:plain

立て看板

実はこの道を真っ直ぐ歩くと、鶴ヶ城の北出丸大通りさ出るんだぁ。

ここは城の正門なのでお城まで敵を到達させないための、お城を守る最重要地点だったようです。距離はありますが、実際お城までの道のりを歩いてみると当時の様子など想像しやすいかもしれません。
最後の藩主松平容保公も戊辰戦争のときこの場所を訪れたという話があるようです。

 

ちなみにブラタモリで今回の場所も紹介されています。独自の視点で会津の街を掘り下げていて、おもしろいです。

 

おわりに

今回は街中に溶け込むように存在する史跡「甲賀町口門跡」でした。
見学所要時間10分程度です、鶴ヶ城観光の際にふらっと立ち寄っても良いかと。
戊辰戦争で昔のものが残りずらかった会津若松なので、こういった史跡はこの先も大切にしていきたいものです。

お付き合いありがとうございました。また次回、お会いしましょう...!

※コロナウイルス感染対策で現在各施設の休業や交通機関の減便対策がおこなわれています。移動によって他の地域に感染を広げないように留意し、それぞれが感染症対策をしていきましょう...!

 

同じく国指定史跡「天寧寺町土塁」レポ↓

funachii.net

 

会津若松とは?↓

funachii.net

 会津へのアクセスの要、磐越西線「あいづ」について↓

funachii.net

 

 ホテル選びに迷ったらこちら↓

funachii.net

 

会津観光の要、鶴ヶ城について↓

funachii.net

 

 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 

参加中

>ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

福島県 郡山総鎮守 安積国造神社に参拝してきました!

はじめに

こんばんは。今回は福島県郡山市にある、安積国造(あさかくにつこ)神社に参拝してきました。

JR郡山駅から徒歩10分程の駅近なのでアクセスの良い神社です。

 

安積国造神社とは

西暦135年頃、安積国健国の際に神社を創建したのがはじまり。

現在の本殿は1926年再建、拝殿は1810年再建の歴史ある建物。

郡山の総鎮守で秋には例大祭が行われる。

表参道からお参りしてみましょう

表参道は、なかまち夢通り(うすいなどのある通り)から神社までの路地です。

f:id:blkataritai:20200515235850j:plain

細い通り沿いには昔ながらの店舗が立ち並んでいます。

 ↓

通りぬけると道路を挟んだ向かい側に神社が見えてきました。

f:id:blkataritai:20200516000118j:plain

このままでは渡れないので、右に少し歩いたところにある陸橋を渡ります。

f:id:blkataritai:20200516001229j:plain

こちら側に降りたらそのまま真っ直ぐ進みます。

f:id:blkataritai:20200516001326j:plain

すぐに到着。立派な鳥居です...!

さっそく一礼して参拝していきます。

f:id:blkataritai:20200516001401j:plain

静かな境内は新緑の木々に囲まれていて、清々しい気持ちになりました。

f:id:blkataritai:20200516001510j:plain

拝殿。落ち着いた雰囲気が良いですね。

f:id:blkataritai:20200516002958j:plain

改めてアクセス

JR郡山駅から徒歩10分程度

車 境内に駐車場10台分あり

駅からの方は駅前アーケードをまっすぐ進んで、先ほどの陸橋を渡るのが一番分かりやすいと思います。(表参道からお参りの方は今記事参考に)

車の方は先ほど紹介した表参道でない方から乗り入れる事ができるようです。(詳しくは公式HPを参照)





泊まりで郡山観光の方は駅&安積国造神社に近い人気のホテル
「郡山ビューホテルアネックス」がおすすめ↓
アーケード直進だから迷わないし、繁華街にあり、近隣に飲食店やカラオケ店多数で楽しめる

 おわりに

今回は新緑が美しい、福島県郡山市にある「安積国造神社」を参拝しました。

街中にありながら静かで落ち着いた気持ちになれる神社でした。

アクセスも良いので郡山観光の際に参拝してみるのも良いかもしれません。
少し歩くのでちょうど良い運動にもなりました...!

※コロナウイルス終息までそれぞれ感染症対策に留意して訪れましょう

 
それでは、今回もお読みいただきありがとうございました。

また次回お会いしましょう✨

 

 桜の開成山公園&大神宮についての記事↓

funachii.net

 会津三十三観音巡り↓

funachii.net

 磐越西線の記事↓

funachii.net

 磐越西線で郡山からも会津からも30分程度の猪苗代↓

funachii.net

 

 

 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 

参加中

>ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

30代がおすすめするスーファミレトロゲーム3選...!

はじめに

こんにちは。皆さんいかがお過ごしでしょうか?リモートワークなどをされ、おうち時間を過ごされている方も多いかと思います。

今回は新作をやりつくしたけど新しくハマれるゲームを探している方におすすめしたい、今でもガンガン楽しめるスーファミソフトをご紹介します..!ちょっとした気分転換にもオススメです。

もうひとつ、今回から相棒のぺんちぃがときどき登場します。いろいろ一緒に紹介していきますのでよろしくお願いします!

写真好きな会津のペンギンぺんちぃです。よろしくなし。

ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁

1992年発売 RPG  機種 SFC、PS2、DS スマホ版 プレイ人数1人(セーブデータ3つ)

こつこつ★★★★ わくわく★★★★ 感動★★★★★ せつない★★★★★

ドラクエシリーズの中でも人気のある「天空三部作」のひとつで不朽の名作ドラゴンクエストV!!
昨年夏には映画化されたりもしました。

発売されている3ハードのなかでは、SFCが一番難易度高い。SFC⇒PS2⇒DSの順にやさしくなっている感じがします。

シナリオは主人公の幼い頃からはじまり青年まで一緒に成長していけるのが醍醐味...!
それにともなって登場人物たちともそれぞれ一生の付き合いになるので感情移入がすごいです。

さらに、結婚できるし相手も選べる!(こどもも産まれる)
(V一番のイベントの結婚は幼馴染のビアンカか富豪の娘フローラを選ぶ究極の選択。(ちなみに自分はビアンカ派)DS版ではもう一人デボラが追加されました。)

こどもの頃から何回プレイしても楽しめるんだよなぁ

こどもから大人まで楽しめる作品なのでぜひこの機会に...!

大爆笑!!人生劇場~大江戸日記~

1994年発売 ボードゲーム 機種SFC プレイ人数1~5人

どきどき★★★★ ハラハラ★★★★★ ウケる★★★★★

人気ボードゲーム、人生劇場シリーズの江戸バージョン。
すごろくのようにサイコロを振って出た目の指示に従いながら億万長者をめざすゲーム。

わらし(こども)時代からはじまり、大人になり職業に就いて、恋愛や結婚と人生のイベントを体感しながら進んでいくのが楽しい。かなり笑えるコマもあります。

最大5人で遊べますが、正直相手を陥れる要素たっぷりなので喧嘩しないように注意ですよー!(笑)プレイ人数少ないときはコンピューターが相手してくれます。

拘束時間は正直かなり長めなので時間があるときにどーぞ...!

負けるとくやしい。忘れた頃にまたやりたくなるスルメゲーム!

まじかる☆タルるートくん MAGIC ADVENTURE

1992年発売 アクション 機種SFC  プレイ人数1人

かわいい★★★★★ たこやき★★★★★ 

原作コミック(アニメ)あり。タルるートくんを操作してステージをクリアしていくアクションゲーム。コースにたくさんあるたこやきをべろーんと食べて進むのがおもしろい✨

おわりに

今回は自分がこどもの頃に遊んでいたおすすめのスーファミソフトをご紹介しました!
新作ゲームに飽きてきたらぜひレトロゲームもおすすめです✨
それにしてもswitch高騰しすぎててびびる...!
それでは、お読みいただきありがとうございました!

ドラクエV気になった方に、リメイク版紹介

PS2 2004年発売 フル3D

DS 2008年発売 上下2画面やすれ違い通信を生かした設定。追加キャラデボラ

気軽に楽しめる。Amazonアプリ版もあり

他ゲーム記事も書いてます↓ funachii.net

記事を気に入っていただけましたら登録お願いします✨

参加しています✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

写真で観光!福島県会津若松 国指定史跡「天寧寺町土塁」レポ

はじめに

こんばんは。今回は福島県会津若松市内にある史跡
「若松城 天寧寺町土塁てんねいじまちどるいをご紹介します。

若松城天寧寺町土塁とは

藩主蒲生氏郷がもううじさと公の時代につくられた、外郭と内郭を区画した若松城の土塁跡です。
平成7年に国指定史跡に指定されました。
国指定史跡は他に先日県立博物館の桜でご紹介した「三の丸堀跡さんのまるほりあと」や市役所近くの「甲賀町口門跡こうがまちくちもんあと」も指定されています。
画像は終わり頃ですが春はサクラが綺麗です...!

街中にさりげなく残る土塁

フェンスで囲まれています

アクセス

会津若松駅から周遊バスあかべぇ乗車20分程度 小田垣バス停下車 徒歩数分(御薬園で降りても徒歩圏内)※現在周遊バスは感染症対策で減便中

花春町にある御薬園の近く。ドラックストア&家電量販店の向かい、靴屋の隣です。
道沿いなので御薬園観光のついでに立ち寄るのもおすすめ。(滞在時間数分程度)

おわりに

今回は街中にひっそりと佇む遺構「天寧寺町土塁」をご紹介しました。この場所は
鶴ヶ城(若松城)から徒歩20分ほどの距離なので当時の鶴ヶ城の敷地の大きさは相当のものだと感じます。
過去の雄大なお城に想いを馳せながら遺構をめぐるのも、ロマンがあり楽しいですね✨

それでは、今回もお読みいただきありがとうございました!楽しんでいただけましたでしょうか?
また次回お会いできるのを楽しみにしております。

会津の記事↓ funachii.net

funachii.net

funachii.net

funachii.net

記事を気に入っていただけましたら登録お願いします✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村