ふなちぃのブログ

福島県会津と郡山メインのフォトスポットや史跡をカメラ片手に散策レポ。他にもカメラ周りの情報や役立つ書籍、お土産もの紹介など。

Kindleマンガで大人も学べる戦国武将 伊達政宗公と会津

お題「我が家の本棚」に参加中

こんにちは。

先日久しぶりに鶴ヶ城内の郷土博物館を観たのをきっかけに、歴代城主について詳しく知りたいなぁと改めて思い仙台青葉城や米沢城で馴染み深い伊達政宗公の本をKindle Unlimitedで読んでみました!

歴史が得意なわけではない自分でも読みやすい本で、頭に入りやすかったので推しポイントをご紹介していきたいと思います。

こんな方におすすめ

  • 歴史は好きだが文字だけだと登場人物のイメージがつきにくく結局頭に入らない
  • 武将を時系列でしっかりと(分かりやすく)追いたい
  • おもしろエピソード込みで楽しく学びたい
  • やっぱ武将はイケメンでしょう(!)

マンガで武将が学べる..!『超ビジュアル!歴史人物伝 伊達政宗』 感想


伊達政宗公といえば独眼竜と言われた戦国時代の武将。
初代仙台藩主で青葉城を作った人物ですが、実は歴代会津若松城城主(1年半ほどの短期間)でもあります。

産まれが山形の米沢城だったりと南東北地方にはゆかりが深く、近辺の史跡に行くと何かと目にする機会が多いイメージの武将です。

この本では政宗公の誕生から幼少期、晩年までを時系列を追って網羅しています

何歳の頃にどんな出来事があったかなどの大まかな流れ、そしてそこからひとつひとつのエピソードがイラストやマンガで詳しく書いてあるのでとても分かりやすいです。
(政宗公めちゃめちゃイケメンに描かれています)

歴史本によくある重々しい文章ではなく、ひとつのエピソードやそれに対する政宗公の思いなどを楽しくときにお茶目に表現しているのが好印象。

それぞれの合戦のデータも軍勢や勝ち負けまでしっかりと記載されており、理解が深まると共にやはり戦いの多い時代だなぁといった印象でした。
福島県だと、二本松城や郡山城の戦いや会津葦名家をほろぼした擦上原の戦いも載っています。


f:id:blkataritai:20220227112442p:plain


政宗公は武将としての活躍はもちろん、派手なパフォーマンスやお洒落なファッションで有名だったり、茶人や歌人としての才能もあり、料理などの趣味も楽しんでいたようで、現代人の自分も憧れる素敵な生き方だなと思いました。

これを読んだことで、お洒落で優しく人間味に溢れた伊達政宗公がさらに好きになりました..!
今まで青葉城の史料館や仙台市博物館、鶴ヶ城の郷土博物館で見た内容が繋がったので、やっぱりわかりやすいって大事!


Amazon kindleunlimited(読み放題)でも読めるので、気になった方は↓

超ビジュアル! 歴史人物伝 伊達政宗


色々学んだところで久しぶりに仙台行きたいなぁ..。政宗公が眠る瑞宝殿に行ってみたい。
コロナの終息を願っております。


それでは!今回もお読みいただきありがとうございました。また次回お会いしましょう!


ナノブロック 伊達政宗騎馬像 NBH-045


funachii.net

funachii.net

funachii.net


記事を気に入っていただけましたら登録お願いします✨

 

参加中↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

ブログ村の読者登録はこちら↓

ふなちぃの観光&写真ブログ - にほんブログ村