ふなちぃのブログ

福島県会津と郡山メインのフォトスポットや史跡、季節の行事などをカメラ片手に散策レポート。他にも旅に役立つ情報や趣味のゲーム、書籍、音楽の話題など。

ライブの初ぼっち参戦に用意したい必需品と心得、参戦時の服装などをまとめてみました。

 

はじめに

こんばんは、4/1には新しい年号が発表されて賑わっていますね。
季節は春、ライブの季節…!なのに自分は参戦予定が6月とまだまだ遠くてテンションが下がっております笑

エンドリさんのライブも落選してしまったので、こうなったら物販や観光をしにライブの日に遠征しようかな。タキツバの「Heartful Voice」MVの影響で横浜行きたいのよな。

それはさておき、ライブってとても楽しいですが、初めて参戦するときや初めて一人で参戦するとき、結構不安だと思うんです。

自分の初ライブ参戦は10代でしたが、20代までは一人で参戦したことがなく、必ずだれかを誘ってライブに行っていました。ですが、30代になってはじめて一人で参戦してみて、これは楽しいぞ…!と。

全て自分の行程で動けるなんて、なんて最高なことだろうか。

そんなこんなで、今回は「ぼっちライブ(遠征)の心得」を書いていきます。
もちろんぼっちだけではなく普通のライブ参戦の参考になる内容ですので、是非ご覧ください。

ライブ参戦の必需品リスト

1.チケット

これは当たり前ですね(笑) でも忘れたら大変…!

 

2.スマホ&モバイルバッテリー

会場までの乗り換え、アクセス、物販内容のチェック、一人だと長く感じる物販列や入場前後の暇つぶし などなくてはならないものです。
ライブ前のアーティストのSNS更新を見るのも楽しみのひとつ...!

 

 
3.ドリンク代

ライブハウス(以下ハコ)でのライブはドリンク代別が多い。だいたい500円。
(アーティストによっては無し、もしくはもっと高い場合も)
会場によってソフトドリンクやお酒が選べます。

 

4.ロッカー、クローク代

3か400円程度。会場のロッカーを使用する際は小銭を必ず持っていきましょう。(基本ICカードは使えません)
荷物のサイズが大きい場合だったり、ロッカーの空きが無い場合はクロークを使用するのも手です。
クロークは大抵500円で預かって貰えます。必ずあるとも限らないので、事前にチェックしておきましょう。
会場近くのホテルに宿泊できれば必要なものだけ持って参戦できて便利です。

 

5.サコッシュなどの斜めかけバック

ホールの場合だと荷物はある程度座席に置けますが、ハコライブではサコッシュなどのバッグに必要最低限なものを入れて出かけると身軽で良いです。

 

ちょうど良いサイズ感で普段から愛用しているサコッシュ。

背面ポケットにスマホを収納できて便利↓


[アディダス] サコッシュ MH PER SAC ブラック/ホワイト(FM2306)

 

ずらずらと書きましたが、これだけあれば一人でも結構快適にライブが楽しめます。

 

他にも、自分はあまり使わないのですが、グッズによくあるマフラータオルを持っていると汗をかいたときや、屋外の物販列での日よけなど色々と使い道があるかもしれません。


あと、J系やFC限定ライブなどの時はFC会員証と身分証も必携。

参戦会場別の服装について

ホールライブなら好きなものを着てOK。
ある程度動きやすく気温によって脱ぎ着できるものが良いです。)

ハコライブは、季節に合わせた軽装を。
ツアTなどラフな服装の方が多いです。

靴はヒール(人の足を踏んでケガさせるようなもの)はNG。
髪の毛はポニテとか後ろの人の邪魔になるものは控えましょう。

 

服装に悩んだ時にはコーデを考えてくれるアプリもおすすめ↓

osharetenki.jp

おわりに

今回はぼっちライブ参戦についてのお話でした。

一つ付け足すと、会場周辺で時間を潰せるところを探しておくと良いです。軽くご飯を食べたり、お手洗いに行ったり、メイクを直したりして参戦準備を整えることができて便利。


最近結構一人でライブを楽しんでいる方を見かけますし、一人参戦しようか悩んでいる方も是非一度ためしてみて下さい…!

 

2022年現在 営業終了してしまったZepp東京の記事↓

funachii.net

 

funachii.net

 

funachii.net

 

funachii.net

 

 

 記事を気にいっていただけましたら登録お願いします✨

 

 

参加中↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村